2007年01月20日

マリー・アントワネットが欲しかったもの

お夕ごはんがすんで、ぬくぬく・ウトウト眠い(睡眠)していると
CIMG1224.JPG
おとーさんとおかーさん、何やらおでかけの様子〜カバン
雨の西麻布デートだって〜黒ハート
西麻布・八百徳で・・・
CIMG1230.JPG CIMG1231.JPG
ウナギやスッポンのお料理をおいしくいただいた後は・・・
映画「マリー・アントワネット」へ映画
CIMG1232.JPG

な〜んてったって、アントワネットとエリザベートは
おかーさんが憧れる超・セレブ〜だもんねっぴかぴか(新しい)
日本公開を待ってたよ〜ダッシュ(走り出すさま)
それに〜ボクたちのお友達もちゃ〜んと出演しているよ犬(足)
CIMG1234.JPG

パルムドールならぬパルムドッグを受賞した「モップス」ちゃん
CIMG1236.JPG
そしてこちらはBaccarat Parisのウインドウの中で
遊んでるおともだち〜リボン
c0097611_233661.jpg
さてさて〜ヴェルサイユ〜あれれ?
な〜んとロココスタイルの宮殿は英語が飛び交い〜キスマーク
クラシックではなくロックやポップスの音楽〜グッド(上向き矢印)
うふっ黒ハートなんだか心地いい〜かわいい
CIMG1239.JPG
パステルカラーのふわふわドレスにリボン
カラフルな現代的なケーキにマカロンバースデー
コレを観て(あ〜明日ピエール・エルメ行かなきゃexclamation
って思ったのは、おかーさんだけではないと思いま〜す顔(ペロッ)
そしてアントワネットのキルスティン・ダンストは
透明感があってチャーミングでスゥイート揺れるハート
CIMG1187.JPG


たくさんの緑と自然・・・こどもたちや動物
アントワネットが本当に欲しかったもの、愛したものは
きっと無垢なものたちなんだよね四葉



ニックネーム りあむかーさん at 00:00| Comment(7) | 大好き映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我々の世代、マリーアントワネットと言えばベルサイユのバラですね!(笑)
きらびやかで豪華な世界をコドモながらに憧れをもって読んでいたような気がします。
英語が飛び交うベルサイユ、いいですねぇ。そしてロックってのも新鮮。映画見たいなぁ。
Posted by としちゃん at 2007年01月21日 08:37
うふふ、我が家も土曜日の最終でマリーアントワネット見て来ちゃいました。
ああいう立場の方は、お世継ぎとか暮らし方とか。。
何もかも注目されすぎてプレッシャーに苦しんじゃうね。
そんな中で自然の力に癒されてた彼女はとってもチャーミングでステキだったな。
いきなりロックで。。重くなりすぎず、いい感じでしたね。(^-^)
Posted by いっこ at 2007年01月22日 00:50
最近パグがいろんなところに出てますよね〜。
嬉しい限りです。『ブスカワ』とか言われるのはちょっとイヤですが・・(笑)

Posted by 田澤 at 2007年01月22日 11:29
ワタクシも観たい映画だわ〜
「世界ふしぎ発見」でもマリーやってたね。
観に行ってこよっと!
Posted by SmileY at 2007年01月22日 15:50
としちゃん♪
おお〜っ、としちゃん「ベルばら」世代〜♪
小学生の頃、家では妹と学校では友達と、所かまわず「マリー・アントワネットはフランスのじょうおお〜〜うなのですからあ〜〜!」って叫んでましたわ♪
はじめてパリに行ったときフランス人のガイドさんが「ベルサイユのばら」はホント〜にフランス革命を忠実に描いていますよ〜トレヴィア〜ン!って絶賛していたのを思い出しました!


いっこさん♪
いっこさんもさっそく観てきたのね〜♪
プチ・トリアノンは人工的な自然の中で動物を飼いファーマーを雇ってたワケだけど、世間知らずの、お姫さまには新鮮だったんだよね〜きっと!
フランス革命?バスティーユ?断頭台?な〜んて重〜いイメージを考えさせもしないカラフルな娯楽作品だったよね!


田澤さん♪
とーさんの映画を観終わってからの第一声は「や〜っぱりパグはカワイイよねえ〜♪」でした!
この時代ヨーロッパの高貴な方々の間ではパグ飼いはステイタスだったそうですよ〜!日本の大奥では狆だったから、やっぱりハナぺちゃは時代を経ても心を癒す存在なのかも〜♪


SmileYさん♪
うふふ〜、アントワネット&エリザベートをこよなく愛する私です〜♪
おふたりの「食と美」への執念は叶姉妹もまっさおだよね。
そしてまた・・・ヨーロッパに行きたい病がはじまってしまう〜!!!あ〜もう何年飛行機に乗ってないかなあ?映画を観たら、きっとSmileYさんも・・・♪
Posted by りあむかーさん at 2007年01月22日 21:05
「今日のヴェルサイユは大変な人ですこと」

人間「マリーアントワネット」を見事に描いた映画でしたね。
自然回帰を求めたのはオーストリアでの
自由な少女時代への憧れだったのでしょうか?
フランスの流儀への彼女なりの反抗にも思えます。
あの時代でなければ・・・と悔やまれる方ですね。

そうそう、八百徳さん。
ぷれおと浜名湖へ遊びに行ったときに
肴町店のお店で食べました(さっき思い出しました)
お箸の袋に西麻布の店名を見つけ
「近くで食べられるね!」と喜んでました〜(汗)
今度は麻布でいただきます!!!

Posted by ぷれこ。 at 2007年01月23日 00:12
ぷれこ。さん♪
アントワネットとエリザベートの生涯は私にとって興味津津!ふたりとも豪華セレブの生活の後は自然回帰するでしょう。コレってバブル世代が(私はもれなくそうです)いまロハスに行き着いたのと(規模はちがうけど)いっしょね〜って映画を観ながら思っちゃった。

そうそう!八百徳さん!横浜の友人は本店のお味がいちばん!といっつも車とばして浜松に食べにいってます。彼女曰く、西麻布のお店は本店で(身内が)ケンカわかれして出したお店なので支店としてみとめてないんだって〜!
で、お店のHPみたら・・・あらら、ホント!
http://www.tokai.or.jp/yaotoku/msg.html/
まあ、そんなこと美味しければ私達には関係ないことでござんすねっ!
Posted by りあむかーさん at 2007年01月23日 18:23